新生児や赤ちゃんはくしゃみが多い。アレルギー性のくしゃみはダニ対策を

赤ちゃんに薬を飲ませている 赤ちゃん・妊婦さんの病気

生まれたばかりの新生児や赤ちゃんはくしゃみが多く、体が小さくても立派なくしゃみをします。

可愛らしいですが頻繁にしていると心配にもなってきますよね?

生まれたばかりの赤ちゃんは、鼻毛も短いですし様々な器官も未熟です。

そのため、ちょっとした刺激でもくしゃみが出てしまうため、問題ない場合も多いです。

しかし、病気や風邪、アレルギーが原因のものもありますので、どのようなくしゃみが当てはまるのかご紹介します。

問題ない場合と心配なくしゃみの違い

くしゃみ

くしゃみをしていても、特に問題がないケースがほとんどです。

とは言っても、頻繁にくしゃみをしていると心配になると思うので、大丈夫なくしゃみと病院で診察を受けた方が良いくしゃみの違いをご説明したいと思います。

くしゃみなどの症状がなく元気な場合

生まれて間もない新生児や赤ちゃんは、大人では何でもないようなことが刺激になります。

寒さなどの気温の変化や人が動いて舞いあがったような少しのほこりでさえ刺激になるのです。

そのため、くしゃみの回数は多いのは当然のことですし、それに伴い軽い鼻づまりを起こすこともあります。

これらの症状は、その他に心配な症状がなく元気であれば基本的には問題ないと考えられます。

様々な器官が未熟で成長途中の赤ちゃんは、呼吸もこれから発達していくところなのです。

病気の疑いがあるくしゃみ

生まれて半年程度はお母さんからもらった免役があるので、病気になりにくいと言われています。

しかし、免役があっても病気にかかってしまう事はあるので、くしゃみ以外に咳や鼻水、鼻づまり、熱には注意してあげることが大切です。

ネバネバした鼻水や黄色っぽい鼻水は注意

病気を疑うポイントは、鼻水の色と粘性です。

黄色くドロドロした鼻水は、病原体と闘った白血球の死骸(しがい)が含まれている鼻水です。

新生児は、耳や鼻などが未発達です。

ちょっとしたことで炎症を起こしてしまうこともあり、黄色い鼻水は炎症を起こしている可能性があります。

炎症は病気やアレルギーが原因となっている可能性もあるため症状が続くようであれば病院で診察を受けましょう。

心配なくしゃみの原因とその他の症状

くしゃみや咳、鼻詰まりを起こす原因は、風邪以外にもアレルギーや副鼻腔炎が考えられます。

アレルギー性鼻炎

アレルギーによる症状は、アレルギー性鼻炎と呼ばれるものです。

原因はダニやホコリ、花粉、ペットの毛などの原因物質を吸い込むことによって鼻の粘膜が炎症を起こしてしまうことです。

主な症状は水っぽい鼻水や鼻づまりがあります。

風邪もアレルギー性鼻炎も、母乳やミルクの飲みを悪くしてしまうことがあります。

体重が増えない原因や脱水症状を起こす原因になってしまうこともあるので、症状が続くようであればお医者さんに相談してください。

アレルギー性鼻炎はダニ対策が大切

アレルギー性鼻炎が疑われる時には、部屋の掃除を小まめに行う事が大切です。

一般的にアレルギー性鼻炎の原因で最も多いのは、ハウスダストです。

特にダニアレルギーが大多数を占めているので、清潔な環境を整える事が大切です。

毎日掃除機をかける事はもちろんですが、それ以外にもベビー布団やまくら、ぬいぐるみにも注意が必要です。

ダニは50度を20分、60度であれば一瞬で死滅します。

そのため、赤ちゃんが触れる寝具やぬいぐるみは、布団乾燥機をかけてダニを退治してあげましょう。

副鼻腔炎

また、ごく稀に副鼻腔炎を起こしてしまうこともあります。

新生児は副鼻腔が未熟なため、あまりかからないと言われています。

副鼻腔炎になりやすいのは1歳をすぎてからとされていますが、新生児や生まれたばかりの赤ちゃんであっても副鼻腔炎になる可能性は0ではないので覚えておくと安心です。

主な症状は黄色や緑色をしたネバネバした鼻水やくしゃみです。

原因はウィルス感染で、ウィルスは風邪の原因にもなるため風邪を引いた後にかかりやすくなります。風邪を引いた後は特に注意しましょう。

まとめ

赤ちゃんのくしゃみは意外と多く、咳や鼻水、鼻づまり、熱などがなく元気であれば特に心配はありません。

但しドロッとした鼻水や、熱、下痢などの症状がある場合には、病院で診察を受けるようにしましょう。

アレルギーでくしゃみをしている場合には、寝具やぬぐるみを布団乾燥機を当ててダニ退治をしましょう。

コメント