新生児の麦茶はいつから?便秘になったら飲ませた方が良い?

離乳食

麦茶はカフェインレスなので、赤ちゃんにも安心して飲ませる事が出来ます。

しかし新生児の赤ちゃんに麦茶を飲ませるのは、いつから始めれば良いのでしょうか?

基本的に離乳食が始まるまでの生後5ヶ月~6か月までは、母乳やミルク以外は不要だと言われています。

授乳が十分に行われていれば、水分は十分に補給できているからです。

麦茶を飲ませるのはいつから?


 西松屋などベビー売り場に行くと、新生児用の飲み物が幾つか販売されています。

赤ちゃん用のミネラルウォーターや、ベビー麦茶などが売られていて、パッケージには「生後1か月頃から」と記載がされています。

この記載のように、生後1か月を過ぎたらベビー用飲料を飲ませても問題ありません。

市販されている赤ちゃん用の麦茶の原料となっているのは大麦の種子で、これにはカフェイン成分が含まれていません。

また生後1か月目から飲める麦茶は、通常のものと比較すると味が大変薄く作られています。

苦味も全く感じる事がないので、赤ちゃんでも飲みやすくなっています。

お風呂上りや下痢の時に飲ませても良い

お風呂上りや、下痢気味の時、授乳してもあまり飲んでくれないときは、水分不足が心配なので、ベビー麦茶を飲ませても良いでしょう。

また赤ちゃんは大人に比べて汗をたくさんかくので、夏場など汗をかいた後の水分補給として使っても問題ありません。

麦茶には大量のミネラルが含まれているので、身体の中に溜まった熱を身体の外に逃がしてくれる働きがあります。

新生児の頃はまだ体温調整が出来ない赤ちゃんが多いので、うまく飲ませてあげると赤ちゃんの機嫌も良くなることでしょう。

水分補給をする以外にも、母乳育児から人工ミルクにする場合に舌を慣らさせる効果もあります。

仕事に復帰し保育園などに預けるワーキングママは、離乳食が始まる前に少し慣れさせると良いでしょう。

新生児の便秘には水分補給

便秘

母乳しか口にしていな新生児の赤ちゃんは、基本的に便が緩くなっています。

母乳はミルクに比べて消化吸収が良いので、便秘になりにくい傾向があるのです。

しかし粉ミルクを足したり、粉ミルクだけをあげると便秘になる赤ちゃんもいます。

 

赤ちゃんの便秘は、綿棒の先を肛門に当てて刺激する事で便が排便を促す事が出来ます。

しかし慢性的な便秘は、避けたいですよね?

水分補給で便秘を解消する

水分補給をする事である程度便秘を解消出来るので、便秘がちな新生児には水分を取らせてあげましょう。

あげる水分については、白湯や麦茶が効果的です。

新生児の場合、哺乳瓶に入れて温度はミルクと同じ37度を目安にします。

水道水で白湯を作る時には、お鍋に水をはって蓋を開けた状態で10分程度煮沸させます。

こうする事で、水道水に含まれているカルキを抜く事が出来ます。

一方ミネラルウォーターやウォーターサーバーの水は無菌状態なので、煮沸しなくてもそのまま使う事が出来ます。

>>赤ちゃんのウォーターサーバーはこちら!

ミネラルウォーターであればコップに移して電子レンジで少し温めたら、しっかりとかき混ぜてからスプーンで少量飲ませると良いでしょう。

水分補給が目的なら白湯と麦茶どちらがおすすめ?

白湯

新生児の水分補給や便秘解消のために水分補給をしたいけれど、白湯がと麦茶どちらが良いのか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか?

病院や育児書によっても、記載されている事が異なるので判断に迷うところです。

実際のところは、白湯でも麦茶もどちらでも大丈夫です。

それよりも、赤ちゃんの味覚に合わせてあげるのが一番でしょう。

味がない白湯をなんとなく好む赤ちゃんもいますし、麦茶の方が飲みっぷりが良いという場合もありますので、実際に赤ちゃんに飲ませて様子をみると良いです。

白湯は一度沸騰させる事で口当たりが良くなりますし、体内への吸収率も高める事が出来ます。

ベビー用の麦茶には、ミネラルが豊富に含まれているだけでなく、余分な熱を体外に放出させてくれる効果があります。

最初は哺乳瓶に20ccほど入れて、赤ちゃんの口に少し入れて様子をみながらあげるとよいでしょう。

哺乳瓶から飲むのを嫌がる場合は、スプーンであげても構いません。

まとめ

新生児に麦茶を与えるのはいつからが良いかと言うと、生後1か月目以降でベビー用麦茶を飲ませる事が出来ます。

但し母乳やミルクをしっかり飲んで水分補給が十分であれば、特に麦茶を飲ませる必要はありません。

赤ちゃんが便秘になったり母乳やミルクを飲んでくれない時にだけ、白湯や麦茶を飲ませてみると良いでしょう。

最初は哺乳分に少量を入れたり、スプーンで飲ませるのもおすすめです。

コメント