新生児のミルク以外の飲み物(白湯・麦茶)はいつから?お風呂上りは飲ませるの?

冷たい水 ミルク

新生児の赤ちゃんに白湯や麦茶などミルク以外の飲み物を飲ませるとしたら、いつから与えるのが良いのでしょうか。

汗をかきやすい夏の時期やお風呂上りには、母乳やミルクだけで水分が足りているか心配になるお母さんも多いと思います。

また、離乳食が始まる前の準備としてミルク以外の飲み物も飲めるようにしておきたいと考えることもあります。

新生児の赤ちゃんはミルクや母乳で水分補給をするのが基本

母乳

新生児の赤ちゃんは、基本的にミルクや母乳から十分な量の水分を摂取できています。

そのためしっかりと母乳やミルクを飲んでいれば、ミルク以外の飲み物を飲まないからと言って脱水症状が起きる事はありません。

ただし、大量に汗をかいてしまう夏や、身体が温まって喉が渇くお風呂上りには、白湯や麦茶で水分補給をしたいと考えるお母さんもいると思います。

ベビー麦茶や白湯は生後1カ月から

ベビー用品店やドラッグストアなどで販売されているベビー用の麦茶は、生後1か月頃から与えても大丈夫とされています。

ですから、母乳やミルク以外の飲み物を与えるのであれば生後1か月以降が目安になります。

とは言っても離乳食が始まるまでは、敢えて母乳やミルク以外を飲ませる必要はありません。

これは、暑い夏場やお風呂上りでも同じです。

新生児の赤ちゃんが白湯や麦茶に興味を持っているようであれば、飲ませても良いですが無理強いはしないようにして下さい。

ベビー麦茶


 ベビー用の麦茶は、大人用に比べて大分味が薄くできています。

大人用だと新生児の赤ちゃんには濃すぎて味覚障害を起こす事もあるので、必ずベビー用を飲ませるようにします。

もしも大人用の麦茶を与える場合には、白湯で薄くしてからあげる必要があります。

また、自宅で麦茶をつくっているご家庭も多いと思いますが、水道水でつくる水出しのものは控えなければなりません。

煮沸していない水道水には、残留塩素があるので赤ちゃんの体に良くありません。

そのため、残留塩素や雑菌の心配がない軟水のミネラルウォーターや、ウォーターサーバーを使う事をお勧めします。

赤ちゃんのウォーターサーバーはこちら!

白湯

水道水で白湯を作る時には、蓋を開けた状態で10分程度沸騰させたものを常温に冷まします。

水道水は雑菌が繁殖しないように塩素を投入してありますが、煮沸する事でカルキを抜く事が出来ます。

またミネラルウォーターであれば、硬度が低い軟水を選びます。

一般的に赤ちゃんに適している水の硬度は、60mg/Lとなっているので、成分表を確認してから飲ませるようにしましょう。

ウォーターサーバーであれば、内部が無菌状態に保たれているので、冷水と温水を混ぜるだけで大丈夫です。

ミルクと同じ温度にする

白湯を新生児に飲ませる時には、ミルクと同じ温度にしてあげる事が大切です。

のどが渇いているから冷たい方が喜びそうなものですが、赤ちゃんの胃腸は未発達です。

冷たい飲み物を飲むと、すぐに下痢になるので注意しましょう。

離乳食のタイミングで白湯や麦茶を始める

離乳食

新生児の赤ちゃんの水分補給は、ミルクや母乳で十分です。

しかし離乳食が始まると母乳やミルクの量が減ってしまうので、別に水分補給をする必要があります。

始めはスプーンで少量から

離乳食が最初はスプーン一杯から始めるように、白湯やお茶も少量から始めます。

スプーンで白湯や麦茶をすくって、少し舐めさせるようなイメージからスタートします。

最初は慣れない味にびっくりして、飲むのを嫌がる事もあるかもしれません。

無理やり飲ませようとすると悪いイメージがついてしまい、飲んでくれなくなる事もあるので嫌がったらそれ以上与える必要はありません。

赤ちゃんの機嫌が良い時や、興味を持った時に少しずつ量を増やしてみましょう。

また、食事の後は喉が渇いている事が多いので、すんなりと飲んでくれやすくなります。

便秘予防にも効果がある

便秘

ミルクや母乳だけで育っていた赤ちゃんも、離乳食が始まると便秘になってしまうことがあります。

「今までお通じは良かったのにどうして?」と心配になると思いますが、これは摂取する水分量が減ってしまうからです。

赤ちゃんが便秘になるのは、離乳食が始まる生後5か月~6か月頃に多くみられます。

白湯や麦茶を飲ませると水分摂取量を増やす事が出来るので、便秘を改善する効果も期待できます。

まとめ

白湯やベビー用の麦茶などの飲み物は、生後1か月頃から新生児に与えても大丈夫です。

しかし赤ちゃんはミルクや母乳で水分補給が出来ているので、飲ませなくても大丈夫です。

但し離乳食が始まると、母乳やミルクを飲む量が減るために便秘がちになります。

そのため、離乳食をスタートするタイミングで白湯や麦茶を始めるのがおすすめです。

コメント