ウォーターサーバーで調乳するメリットと注意点|冷水は湯冷ましに使える?

ウォーターサーバーで湯冷ましを飲んでいる赤ちゃん ウォーターサーバー

ウォーターサーバーで赤ちゃんのミルクを調乳する人は、年々増加傾向にあります。

お湯がすぐに出るだけでなく、冷水で人肌に冷ます事も出来るので便利ですが、幾つか注意点もあります。

そこで今回は、ウォーターサーバーで調乳するメリットや手順、注意点を詳しくご説明したいと思います。

ウォーターサーバーで調乳するメリット

ウォーターサーバー

通常の水道水は残留塩素が含まれているため、赤ちゃんに飲ませるためには一度煮沸する必要があります。

また、短時間煮沸した水道水は逆にトリハロメタンが増加するので、水道水を使う場合には鍋の蓋を開けた状態で10分程度沸騰させ続けなければいけません。

確かに水道水を使うと費用を抑えられるのですが、時間も手間もかかるのが現実です。

しかしウォーターサーバーなら、

  1. 煮沸消毒の必要がない
  2. 安全な水で調乳できる
  3. 温水・冷水ともに調乳に使える
  4. 赤ちゃんの特典・キャンペーンがある

と言ったメリットがあります。

1.煮沸消毒の必要がない

ミルク作りのためにお湯を沸かしている

赤ちゃんがお腹を空かしている時には、出来るだけすぐに調乳したいですよね?

しかしお鍋で水道水を沸かして調乳していると、それだけで時間が10分~15分かかってしまいます。

ウォーターサーバーなら無菌状態のお湯がすぐに使えるので、ミルク作りが簡単になります。

2.安全な水で調乳できる

ウォーターサーバーの水には、「天然水」と「RO水」の2種類があります。

天然水は地下深くから採水したミネラルが溶け込んである水を、加熱殺菌してボトリングしたもの。

RO水は、「RO膜」と言ってごく微小な不純物やミネラルもろ過出来るフィルターを通した水をボトリングしたものです。

いずれの水も、不純物や有害物質などを一切含んでいないので、安全性が非常に高くなっています。

もちろん定期的な放射能検査も行っていますが、私が知る限りどのメーカーの天然水も放射性物質が検出された事はありません。

水道水は塩素が問題

では水道水はどうでしょうか?

日本の水道水の品質は世界的にもトップレベルですし、最新の浄水設備で作られているので年々水の質は向上しています。

検査項目も50を超えているので、ウォーターサーバーよりも厳しい基準を設けていると指摘する人もいます。

但し水道水に使用される源水は、天然水と異なり様々な菌に汚染されています。

そのため「塩素」を投入する事で水道水の品質を維持しているのですが、その量は諸外国と比べると5倍~10倍高い数値になっています。

大人であれば問題にならないような塩素の量でも、体が未発達な赤ちゃんにとっては害が出る可能性があります。

3.温水・冷水ともに調乳に使える

ウォーターサーバーの温水・冷水

厚生労働省のガイドラインによると、調乳したミルクを冷ますには、

水道の流水の下に置くか、冷水または氷水の入った容器に静置することにより、授乳に適した温度まで短時間で冷却する。

となっています。(乳児用調製粉乳の安全な調乳、保存及び取扱いに関するガイドラインより引用)

粉ミルクメーカーは湯冷ましを販売している

基本的にはこの調乳方法が間違いないのですが、粉ミルクメーカーによるとミルクの温度を下げるのに「湯冷まし」を使っても良い事になっています。


 例えば森永乳業では、湯冷まし用の水として「赤ちゃんの水」を販売していますし、和光堂には「ベビーのじかん」と言う純水があります。

湯冷ましとは熱くなっているミルクを冷ますために入れる水の事で、水道水であれば煮沸消毒した後に常温にした「白湯」と同じです。

お湯の量を少し減らして粉ミルクを溶かした後に、湯冷ましを加える事で簡単に人肌まで冷ます事が出来ます。

湯冷ましには、

  • 水道水を煮沸して冷ましたもの
  • 軟水のミネラルウォーター
  • ウォーターサーバーの冷水

を使う事が出来ます。

中でもウォーターサーバーの冷水は、必要な時に必要な分量だけ哺乳瓶に入れる事が出来るので利便性が高くなっています。

4.赤ちゃんの特典・キャンペーンがある

フレシャスママパパプラン

また妊婦さんや赤ちゃんがいるご家庭で新たにウォーターサーバーを契約すると、特典やキャンペーンが適用してくれるメーカーもあります。

2019年現在、特典やキャンペーンを実施しているのは、

  • プレミアムベビークラブ(プレミアムウォーター)
  • フレシャスママパパプラン(フレシャス)
  • うるのんすくすくキャンペーン(うるのん)
  • ベビアクア(アクアクララ)
  • クリクラママ(クリクラ)

の5社です。

特にお得なのが、プレミアムベビークラブで

  • 初回設置サービス料無料
  • 天然水が割引価格
  • サーバーレンタル料500円

と言った内容になっています。

>>赤ちゃんのウォーターサーバー特典・キャンペーンはこちら!

ウォーターサーバーの調乳方法

ミルクの調乳方法

では、実際にウォーターサーバーを使った調乳方法をご紹介致します。

調乳する手順としては、

  1. 手を洗い、哺乳瓶と粉ミルクを準備する
  2. 哺乳瓶に粉ミルクを入れ、お湯を注ぐ
  3. ミルクを完全に溶かす
  4. 冷水を入れて混ぜる

の4ステップです。

1.手を洗い、哺乳瓶と粉ミルクを準備する

手を石鹸で綺麗に洗ったら、調乳に必要な器具(哺乳瓶、乳首、乳首入れ、計量スプーンなど)を消毒して準備します。

2.哺乳瓶に粉ミルクを入れ、お湯を注ぐ

計量スプーンで測った粉ミルクを哺乳瓶に入れたら、ウォーターサーバーのお湯を全体の3分の2程度まで入れます。

3.ミルクを完全に溶かす

哺乳瓶に乳首を取り付けたら、円を描くようによく振ってミルクを完全に溶かします。

4.冷水を入れて混ぜる

粉ミルクが完全に溶けたことを確認したら、乳首を外してウォーターサーバーの冷水を既定の量まで入れます。

乳首とカバーを取り付けて、再度円を描くようによく振ってミルクを混ぜたら完成です。

 

育児中は赤ちゃんが泣いていて、「一刻も早くミルクを作りたい!」と言うケースがほとんどですよね?

ウォーターサーバーを使った調乳なら簡単ですし、時間も大幅に短縮する事が出来るので、赤ちゃんもお母さんもストレスから解放されますよ。

ウォーターサーバーで調乳する時の注意点

ウォーターサーバー

ウォーターサーバーで調乳するのは便利ですが、幾つか注意点があるのでご説明したいと思います。

まずウォーターサーバーを選ぶ時には、

  • 内部クリーン機能が付いている
  • ボトルに空気が入らない

の2点に注目します。

また調乳時には、

  • エコモードにしない
  • 冷水はミルクが溶けてから入れる

の2点が大切になってきます。

内部クリーン機能が付いている

コスモウォーターのクリーンサイクル

これからウォーターサーバーを契約される方は、「内部クリーン機能」が搭載されてある機種を選ぶようにして下さい。

内部クリーン機能とは、ウォーターサーバーの配管やタンクの中に温水を循環させて熱消毒を行うものです。

温水の配管やタンク内は熱水で消毒されていますが、冷水の配管は放置すると雑菌が繁殖してしまうので、内部クリーン機能で衛生的に保つ必要があります。

メーカーによっては、

  • クリーンサイクル(コスモウォーター)
  • フレッシュ機能(フレシャス)
  • 加熱クリーンシステム(プレミアムウォーター)

と言った呼び方をしていますが、基本的には同じ原理です。

赤ちゃんは未発達で抵抗力も低いので、僅かな雑菌でも病気になる事があるので注意しましょう。

ボトルに空気が入らない

ウォーターパック

一昔前のウォーターサーバーは「ガロンタイプ」と言って、硬いボトルを上にセットして重力で水を出すのが主流でした。

しかしガロンタイプのウォーターサーバーは、水を出す時に外気を取り込むため、空気中の雑菌が水の中に混入する危険性があります。

そのため赤ちゃんに使用するウォーターサーバーは、ボトルに空気中の雑菌が入らないタイプを選ぶようにしましょう。

例えばコスモウォーターでは、「クリーンエア」と言う機能を使いタンク内に取り込む僅かな空気もクリーン化しています。

またフレシャスデュオでは、お水が出るたびに収縮するウォーターパックを採用しています。

エコモードにしない

エコモード

ウォーターサーバーで調乳する時に一番気を付けてほしいのが、「エコモード」を使用しないという事です。

と言うのも通常のウォーターサーバーでは、エコモードをONにすると徐々に温水の温度が下がり、70度を下回る設計になっているからです。

調乳は70度以上のお湯が必要

粉ミルクには、「サカザキ菌」や「サルモネラ菌」と言った病原菌が混入する事があります。

このような病原菌を殺菌するためには、70度以上のお湯で粉ミルクを溶かす必要があるのですが、エコモードにしていると十分高い温度になっていない事があります。

そのためウォーターサーバーで調乳する時には、必ずエコモードを解除するようにして下さい。

調乳モードであれば大丈夫

但し「フレシャススラット」や「アクアアドバンス」に限っては、エコモードにすることで調乳に最適な70度~75度の湯温に設定する事が出来るので大丈夫です。

冷水はミルクが溶けてから入れる

ウォーターサーバーを使うと、温水だけでなく冷水も調乳に使えるので便利ですよね?

しかし冷水を湯冷ましとして使うときには、必ず粉ミルクがしっかり溶けているのを確認してからにして下さい。

先ほどご説明した通り、粉ミルクの中にはサカザキ菌などの病原菌が混入している可能性があるため、お湯でしっかり溶かして殺菌してから、冷水を入れるようにしましょう。

まとめ

ウォーターサーバーで調乳すると、水道水のように煮沸消毒が必要ないので簡単に赤ちゃんのミルクを作る事が出来ます。

但しエコモードにすると、温水の温度が70度を下回るので解除するようにして下さい。

またウォーターサーバーの冷水を調乳に使う場合には、粉ミルクが完全に溶けるのを確認してからにしましょう。

コメント