赤ちゃんのウォーターサーバー|口コミで人気のウォーターサーバーを徹底比較

赤ちゃんのミルクに関するブログ記事

ミルクを飲んでいる赤ちゃん

新生児ミルクのおすすめ10選

新生児・赤ちゃんの粉ミルクは、厚生労働省の「乳児用調製粉乳たる表示の許可基準」が定められています。

 

新生児に与えるミルクをどんな物にするかという事はお母さんであれば一度は悩む事ではないでしょうか。

 

昔はミルクの種類もそれほど多くはありませんでしたが、現代では新生児用のミルクも種類が豊富で、どれにしようか迷ってしまいます。

 

>>新生児ミルクのおすすめ10選!母乳ではなくミルクにする事のメリット・デメリットはとは!

 

粉ミルクアレルギーの対応方法と予防策

十分な量の母乳が出ない場合や、薬を飲んだり職場復帰するために必要となるのが粉ミルクです。

 

また母乳で育てている母親であっても、粉ミルクは外出の際には非常に重宝することでしょう。

 

しかし赤ちゃんがアレルギー体質である場合には、粉ミルクをのむことによってなんらかの症状が体にあらわれる可能性もあります。

 

>>粉ミルクアレルギーの対応方法と予防策。アレルギー用粉ミルク5選!

 

外出時はミルクを湯冷ましで作ると便利!

外出時に赤ちゃんにミルクを飲ませる場合には、事前に哺乳瓶と粉ミルク、お湯、湯冷ましを持っていく必要があります。

 

しかし出掛ける際にどうやって湯冷ましをもっていけばよいのかと迷ってしまう人も多いでしょう。

 

そもそも湯冷ましとは沸騰させたお湯を冷ましたもののことを指しています。

 

>>外出時はミルクを湯冷ましで作ると便利!赤ちゃん用ミネラルウォーターのおすすめ3選!

 

新生児・赤ちゃんがミルクを吐く原因は?

新生児の赤ちゃんは、様々な原因によって吐き戻しをしてしまいます。

 

ミルクは大切な栄養源ですから、親にとって心配の種になりがちです。

 

しかし吐く原因を理解することで、効果的に対策したり問題を解決へと導けます。

 

>>新生児・赤ちゃんがミルクを吐く原因は?吐き戻しの意外な原因と対策

 

赤ちゃんのミルクを電気ポット・ケトルで作る時の方法

赤ちゃんのミルクは衛生が重要なので、電気ポットで作る際には、注意点を踏まえた正しい方法が必要です。

 

電気ポットを使ったミルクの作り方の手順は、

 

  • 電気ポットで水を沸騰状態に温度を高める
  • そこから70〜90度程度まで冷ます
  • 消毒済みの哺乳瓶に粉ミルクを入れる
  • 哺乳瓶に電気ポットのお湯を定量入れる
  • 乳首とフードを付けて、良く混ぜる
  • 流水で人肌より少し熱い程度まで冷ます
  • 手首の内側にミルクを垂らして温度を確認してから授乳

です。

 

>>赤ちゃんのミルクを電気ポット・ケトルで作る時の方法とおすすめ3選!ウォーターサーバーも便利!

 

ミルクを作り置きする方法と温めなおしの注意点

赤ちゃんをミルクで育てている場合には、1日に何度も作らなくてはならず、赤ちゃんのお世話に疲れを感じているときにはミルクづくりが面倒に感じてしまうこともあるでしょう。

 

ある程度作り置きが可能なのであれば、忙しいママにとっては非常にありがたいことと言えます。

 

>>ミルクを作り置きする方法と温めなおしの注意点(厚生労働省推奨)何時間なら大丈夫?

 

ミルク混合はいつからいつまで?

赤ちゃんの栄養は、母乳かミルクで補っています。お母さんは、出産するとすぐに母乳が出る人もいればなかなか出ない人もいるんです。

 

出産という大仕事を終えて少し休みたいと思うお母さんは多いですが、生まれたばかりの赤ちゃんは2時間から3時間の間隔で泣いてしまいます。

 

>>ミルク混合はいつからいつまで?量や間隔はどうすればいい?

 

赤ちゃんのミルクの水筒や魔法瓶選び

赤ちゃんと一緒に外出となると様々な赤ちゃんグッズを持っていく必要があります。

 

もしも完全母乳ではなく粉ミルクをのんでいる赤ちゃんである場合には、ミルクを入れるための水筒や魔法瓶も一緒に持っていく必要があります。

 

>>赤ちゃんのミルクの水筒や魔法瓶選びのポイントと注意点

 

赤ちゃんのミルク作りに最適!ウォーターサーバーを使った調乳方法は?

最近一般家庭にもかなり浸透きているウォーターサーバーですが、特に赤ちゃんのミルクを簡単に作れる「赤ちゃんのウォーターサーバー」が人気になってきています。

 

そこで今回は、赤ちゃんのウォーターサーバーを使った調乳方法や、ポットとの違いなどを紹介していきます。

 

>>赤ちゃんのミルク作りに最適!ウォーターサーバーを使った調乳方法は?

 

生後1・2・3・4週間の新生児・乳児のミルクの量と回数

新生児のミルクの量は、乳児の大きさや個人差に関わらず、目安となる基準が存在しています。
生まれた直後の1週間目は、産院で過ごして様子を見る期間です。
最初は助産師が助言をくれるので、その通りに従ってミルクをあげるのが良いでしょう。

 

>>生後1・2・3・4週間の新生児・乳児のミルクの量と回数、間隔の目安は?

 

ミルクを作る時の温度と、飲ませる時の適正温度

待望の赤ちゃんが生まれたあと、まだ産後の疲れが残っている中で、新米の両親は色んなことを頑張らなくてはなりません。

 

その中の重要なことの一つに授乳があります。本来は母乳を使うのが楽で母体の回復も早くなりますが、様々な事情からミルク育児を選択する人もいるでしょう。

 

>>ミルクを作る時の温度と、飲ませる時の適正温度は何度?熱いのでやけどに注意を!

 

ミルクは薄めて飲ますのは止めて!

ミルクは適切な量をきちんと与えていくということが大事ですが、健康診断で太り気味であったり体重が多めであることを指摘されるようなこともあればミルクを少し薄めて与えてみようと考える人もいるものです。

 

あるいは、水分補給で白湯を飲ませようとしたときに、あまり飲んでくれないからと飲みなれた母乳やミルクを混ぜるお母さんもいます。

 

>>ミルクは薄めて飲ますのは止めて!便秘や痔になったり体に負担がかかる

 

赤ちゃんにミルクはいつまで必要?

生まれた時からミルクを飲んでいる赤ちゃんですが、一体いつまで赤ちゃんはミルクを飲めばいいのでしょうか。

 

粉ミルクに書かれているのを確認してみると分かりますが、ミルクは0歳から1歳頃まで、1歳から3歳まではフォローアップミルクを飲ませることを推奨しています。つまり何歳まで飲むのかというのは、3歳頃までというのが一般的に知られている所です。

 

>>赤ちゃんにミルクはいつまで必要?何歳まであげたら良い?

 


page top