ミネラルウォーターとは|ミネラルウォーターの基準と種類について

ミネラルウォーターとは|ミネラルウォーターの基準と種類について

健康や美容のために、日頃からせっせとミネラルウォーターを飲んでいるという人は少なくありません。では、ミネラルウォーターとはいったいどのような水なのでしょうか。明確に定められている定義からすれば、ナチュラルミネラルウォーターと呼ばれる水に殺菌処理を施し、成分調整を施したウォーターと言うことができるでしょう。

 

ミネラルウォーターは硬水と軟水に分けられる

一般には、硬水と軟水という二つの種類に大きく分けられています。硬水であるか軟水であるかを分ける基準となるのは、水の硬度です。
硬度とは、簡単に言って、水に含まれているカルシウムとマグネシウムの濃度と言うことができるでしょう。

 

定められている基準値によれば、硬度が、水一リットルにつき120ミリグラム以上であれば硬水に分類され、120ミリグラム以下であれば軟水として分類されると言われています。
一般に、硬水は口当たりが比較的重く、多少の苦味があるという特徴があるとされています。それに対して、軟水は口当たりがまろやかで、飲みやすく、さっぱりしているという特徴があると言われています。日本の水は軟水であるため、これまで軟水に慣れてきた人が硬水を飲むと苦いと感じる場合があるようです。

 

軟水の特徴

このように、日本人は軟水に慣れているという理由もあって、飲みやすいミネラルウォーターと言えば、軟水を挙げる人が多いでしょう。実際、軟水はカルシウムやマグネシウムの含有量が比較的少ないために、まろやかでさっぱりしていることに加えて、刺激が少ないため、赤ちゃんや小さな子供、お年寄りの方まで幅広い年齢の方方々が安心して飲めるというメリットがあります。

 

特に、煮物などの料理をする時にも、素材の味を引き出しやすい水であるため、美味しく料理できると言われています。

 

硬水の特徴

それに対して、硬水の場合はカルシウムやマグネシウムが比較的多く含まれています。
そのため、素材の味を引き出したい煮物を作る際にはあまり適していないかもしれません。しかし、栄養価が高いのは硬水のほうでしょう。

 

スポーツなどで失われたミネラルを補給したい時、またダイエットに伴う食事制限などで不足しがちなミネラルを補いたい時などには硬水を選ぶことができるでしょう。

 

ミネラルウォーターは用途によって使い分ける

このように、基準値となる硬度の違いによって硬水か軟水かに分類されるため、自分の目的や体質に合わせて選ぶことができます。
例えば、飲みやすさやおいしさ、また料理に使うような場合は軟水を使い、健康や美容、ダイエットのためには硬水を使うといった具合です。
さらに、ミネラルウォーターとして知られる水は、硬水と軟水に分類された後、幾つもの種類に分けることができると言われています。

 

例えば、地層から汲み上げられた水に、人工的に殺菌処理や浄水処理を加えたり、ミネラル分の調整を行なったりしたウォーターがあります。
その際の加工方法にも幾つかあり、複数のウォーターを調合するものや、オゾン殺菌を施したものなどが代表的です。

 

また地下から汲み上げた地下水以外にも、河川などから採取したものがあります。
きちんとした殺菌処理が施され、成分調整が行なわれているため、安心して飲むことができます。

 

ナチュラルミネラルウォーターとは

これらに加えて、ナチュラルミネラルウォーターと呼ばれるものがあります。
これは、その呼び名が示している通り、全く自然のものです。
殺菌処理もなく、その他の人工的な加工の過程を経ることのない水のことです。それらの中でも、その水に含まれている成分が、科学的にも医学的にもきちんと立証されているものである必要があります。

 

また、採水をする際に空気に触れていないこと、さらに品質がしっかりしており安定していること、といった幾つかの基準にかなっている必要があるとされています。


TOP プレミアムベビークラブ クリクラミオ ベビアクア クリクラママ フレシャスデュオ コスモウォーター