赤ちゃんがミルクを飲まない時の対処法と上手な飲ませ方

赤ちゃんがミルクを飲まない時の対処法と上手な飲ませ方

赤ちゃんにミルクをあげている

赤ちゃんの栄養には、母乳が適していると言われていますが、母乳が十分出なかったり、陥没乳首になっていて授乳が上手く出来ない場合もあります。

 

また、仕事復帰などで保育園に預ける必要がある時などは、ミルクを使用しなければならないこともありますよね。

 

それ以外にも一日中赤ちゃんに母乳をあげていて、お母さんが不眠不休で頑張りすぎるケースでは、少し睡眠を取るために、ミルクと混合させる時もあります。

 

この記事では、赤ちゃんのミルクの上手な飲ませ方をお伝えしますので、赤ちゃんがミルクを飲まない時の対処方法を参考にして楽しい育児にして下さいね。

 

赤ちゃんのミルクの作り方

ミルクの作り方

赤ちゃんのミルクの基本的な作り方の順序は、

  1. 良く手を洗う
  2. 哺乳瓶や乳首、粉ミルクなど必要な道具を揃える
  3. 消毒した哺乳瓶に必要量を擦り切って入れる
  4. 哺乳瓶にお湯を入れて粉ミルクを溶かす
  5. 乳首とフードを付け、哺乳瓶を良く振って、ミルクを溶かす
  6. 出来上がり量の目盛りまでお湯又は、湯冷ましを入れる
  7. 更に軽く振って混ぜ合わせる
  8. 哺乳瓶を流水で冷ます
  9. ミルクを腕の内側に落として、やや熱く感じる40℃くらいが目安

です。

 

良く手を洗う

調乳前には石鹸で良く手を洗いましょう。

 

哺乳瓶や乳首、粉ミルクなど必要な道具を揃える

器具は良く消毒して、誰でもすぐ使えるようにひとまとめにしておきましょう。
消毒の種類には、

  • 煮沸消毒
  • レンジ消毒
  • 薬液消毒

があります。

煮沸消毒の仕方

お鍋に器具が隠れるくらいの水を入れて、沸騰させます。
沸騰後、3分〜5分程度煮沸消毒を行います。
レンジ消毒、薬液消毒の場合は、専用の説明書を確認してください。

 

消毒した哺乳瓶に必要量を擦り切って入れる

粉ミルクを入れる時には、商品についている専用のスプーンを使って下さい。

 

哺乳瓶にお湯を入れて粉ミルクを溶かす

煮沸後少し冷ました70℃以上のお湯を注ぎます。
粉ミルクには稀ですが、病原菌が混入している時があるので、70℃以上のお湯で殺菌をする事が大切です。
出来上がり量の約3分の2程度が目安です。

 

乳首とフードを付け、哺乳瓶を良く振って、ミルクを溶かす

円を描くように混ぜ合わせます。

 

出来上がり量の目盛りまでお湯又は、注)湯冷ましを入れる

出来上がり量は、泡の下が目安です。
注)粉ミルクメーカーでは、湯冷ましを入れて冷ます事は問題ないとしていますが、厚生労働省のガイドラインには「70℃以上のお湯で溶かして、流水で冷ます」としか明記されていません。

 

ミルクを作る時にウォーターサーバーを使用すると、無菌状態の70℃から90℃の適温のお湯を使えるので便利ですよ。

 

更に軽く振って混ぜ合わせる

再度乳首とフードを付けて、泡立たないように軽く混ぜ合わせます。

 

哺乳瓶を流水で冷ます

流水もしくは、お水を張った容器に浸して軽く混ぜ合わせながら冷まします。

 

ミルクを腕の内側に落として、やや熱く感じる40℃くらいが目安

赤ちゃんのやけどを防止するために、必ず温度を確かめてから飲ませて下さい。

 

赤ちゃんのミルクの飲ませ方

ミルクを赤ちゃんに飲ませている

赤ちゃんにミルクをあげる手順は次のようになります。

 

  1. 哺乳瓶の乳首を下にし、ミルクの出具合を確認します。
  2. 赤ちゃんを抱き抱え、頭が足より上になるようにします。
  3. 赤ちゃんの口に乳首を当て、深めにくわえさせます。
  4. 赤ちゃんの様子を確認しながら、ミルクを与えます。
  5. 赤ちゃんのお腹がいっぱいになったら、哺乳瓶の乳首を外します。
  6. 赤ちゃんを縦に抱いて、背中を優しく叩き、げっぷを出してあげます。

 

 

ミルクをあげるポイント

  • ミルクが人肌に冷めたかどうか確認するには、ママの腕の内側にミルクを少し垂らして確認します。少し温かく感じる程度のものを赤ちゃんに与えましょう。哺乳瓶の乳首から直接吸うと、ママの虫歯菌が赤ちゃんにうつるのでおすすめできません。
  • 赤ちゃんにミルクを与えるときは、哺乳瓶を斜めにして空気を飲み込まなせないようにしましょう。
  • 赤ちゃんはミルクと一緒に空気も飲み込んでおり、消化管がまだ未発達であるために、げっぷと一緒にミルクが一緒に出る場合があります。ミルクを飲ませたら、赤ちゃんのげっぷを促してあげましょう。なかなかげっぷが出ない場合、誤嚥を防ぐために横向きに寝かせてください。

 

 

赤ちゃんがミルクを飲まない!そんな時の対策法

ミルクを飲まない赤ちゃん

赤ちゃんにミルクをあげていて、哺乳瓶の乳首を押し出され、ミルクをなかなか飲んでもらえない時もあるかもしれません。
赤ちゃんがどうしてもミルクを飲まない時の対策法としては、

  • 乳首を変えてみる
  • ミルクの出が悪いor出が良すぎる→乳首を月齢に合わせる
  • ミルクの味が嫌い→粉ミルクを変える
  • ミルクの温度が違う
  • 環境要因
  • 鼻が詰まっている

があります。

 

乳首を変えてみる

哺乳瓶と乳首

哺乳瓶の乳首はママのおっぱいの乳首より固いことが多く、それを嫌がる赤ちゃんもいます。
メーカーによって、哺乳瓶の乳首も素材や固さが異なるので色々試してみると良いでしょう。
>>哺乳瓶の乳首の種類・選び方についての記事はこちら!

 

ミルクの出が悪いor出が良すぎる

赤ちゃんの月齢が進むにつれ、使用しているの哺乳瓶の乳首のミルクの出が赤ちゃんに合わなくなることがあります。
ミルクの出が悪ければ、赤ちゃんは必死になってミルクを飲みますが途中で疲れて飲まなくなることもあります。
反対にミルクの出が良すぎると、赤ちゃんは口からミルクを吐きだしてしまうでしょう。
乳首の穴の大きさをチェックして、赤ちゃんが飲む様子を見ながら、月齢に合ったものを使用するようにしましょう。

 

 

ミルクの味が嫌い

ミルク自体は母乳の成分に近づけてありますが、赤ちゃんの中には、ミルクが好みの味でないことで、飲まないこともあります。
最近では、ミルクの会社のサンプルを出しているところもあるので、赤ちゃんの好みのミルクを探すことができます。

 

また、粉ミルクを作る時に専用のスプーンで定量計って作らないと、薄すぎたり濃すぎる事があります。
必ず、メーカー指定のスプーンで規定量の粉ミルクとお湯で作って下さい。

 

ミルクの温度が違う

ミルクが熱すぎたりぬる過ぎたりするだけで、赤ちゃんは飲まない事があります。

チュチュベビー ミルクのみごろチェッカー 粉ミルクの適温を一目でチェック

「手にミルクを落としたり、頬っぺたにつけたくらいじゃ、適温が分からない!」と言うお母さんは、チュチュベビーを使えば、哺乳瓶に巻き付けるだけで適温が分かって、便利ですよ。

 

環境要因

ミルクもきちんと作って、赤ちゃんもお腹が空いて飲みたいけれど、飲まない時は、ミルク以外の理由があるかもしれません。
オムツが濡れていたり、部屋の温度が寒かったり暑かったりすると、飲み心地が悪くなり、嫌がって飲まない事があります。
また、お母さんがストレスを抱えながらミルクを飲ませようとしても、赤ちゃんがそれを敏感に察知して、飲まない事も。

 

特に夜起きてミルクを飲ませる時には、この環境要因で飲まない事があります。
オムツや肌着をチェックして、必要であればお部屋の温度や湿度も快適にしたうえで、リラックスしながらゆっくり飲ませてみましょう。

 

鼻が詰まっている

大人でも風邪を引いて鼻が詰まっていると、飲み物を飲みにくいですよね。
赤ちゃんはミルクを飲んでいる時でも、鼻で息をしています。
しかし、鼻が詰まっていると、呼吸が苦しくなってミルクを思うように飲めません。
鼻が詰まっている時には、吸ってあげるなどして、呼吸がしやすいようにしてあげましょう。

 

赤ちゃんがミルクを吐く!そんな時の対策法

赤ちゃん

大人の胃袋は横たわっていますが、赤ちゃん(特に新生児)の胃袋はとっくりの様にまっすぐ伸びて底が少し膨らんでいる形をしています。
そのため、ミルクを飲んだ時に吐く事は珍しくありません。
しかしミルクを頻繁に吐くようですと心配になりますし、原因がある事も確かです。
通常、ミルクを吐く原因としては、与えるミルクの量が多い事がほとんどです。

 

個人差はありますが月齢・体重によるミルクの量の目安がありますから計りながら飲ませましょう。
もし、それでも吐くようであれば、1回にあげるミルク量を減らしてその分回数を増やすと吐きにくくなります。

 

また、ミルクを飲ませた後にゲップをさせてあげる事で余分な空気が抜けますが、それでも吐くようであれば胃の中にまだ空気が溜まっている事が考えられます。
赤ちゃんにミルクを飲ませる時は横向きや寝かせながら抱っこするのではなく、座った姿勢の方が空気が溜まりにくく吐く予防になります。

 

ゲップが上手く出来ない場合もしばらく縦向きで抱っこをしてあげる事でゲップを出やすくする事が出来ますよ。

 

上記の対策で通常は吐く頻度が少なくなります。
しかし吐く頻度が高く、量が多い場合は、腸閉塞や幽門狭窄症、髄膜炎といった病気が隠れているかもしれませんので、小児科などの専門医で相談する事をおすすめします。

 

>>赤ちゃんの嘔吐は色をチェック!黄色は消化器官に問題かも

 

さいごに

赤ちゃんにミルクをあげる時間は、ママやパパ、赤ちゃんにとって大切な時間です。
赤ちゃんをしっかり見つめ、声かけをしたり、体をさすって、赤ちゃんが安心してミルクを飲めるように接したいですね。
また、ウォーターサーバーを使ってミルクを作ると、与えるミルクの量を把握しやすくミルク作りの時間を大幅に短縮出来てママさん、パパさんの負担も減るのでおすすめですよ。

page top