妊娠・妊婦さんのお役立ちブログ

妊娠・妊婦さんの豆知識

妊婦さん

妊婦の水分補給は水道水で本当に大丈夫?

水を飲むことは私たちの生活の最も基本的なことであり、直接水道から水を飲むこともあれば、コーヒーなどに淹れる際に用いたり、料理にも使われます。

 

妊婦になると、お腹の中に赤ちゃんがいるため、食べるものや飲むものに細心の注意が必要です。水道水の中には鉛やアルミニウム、アスベストなどの有害成分が含まれていることから本当に飲用しても大丈夫か不安に思う方も多いと思います。

 

>>妊婦の水分補給は水道水で本当に大丈夫?塩素が諸外国と比べて多い日本の水は妊婦には危険!

 

妊娠前から葉酸摂取を!

足のまひや、尿意が感じられないなどの障害が出る二分脊椎症は、赤ちゃんの先天性奇形の中で唯一、葉酸を摂取することで予防ができる。国は二〇〇〇年に都道府県に通知を出し、妊娠可能な年齢の女性がサプリメントで葉酸を摂取することを推奨したものの、発生頻度は減っていない。
>>続きはこちら!

 

妊娠中の便秘は切れ痔になる事も・・・ヨーグルトやリンゴ酢で頑固な便秘を解消!

妊娠中はホルモンの分泌される量が通常時とは変化するため、又はつわりや羊水に水分を取られるため多くの女性は便秘の症状を感じることがあります。

 

これは病気ではありませんし、多くの妊娠している女性が感じる症状ですが毎日排便があった人が何日も排便が出来ないでいると腹痛を訴えるなど苦痛ですし、硬くなった便を排出するのは容易なことではありません。
>>続きはこちら!

 

妊娠中は岩盤浴に行ってもいいの?放射線や流産のリスクもあるので妊娠初期は控えましょう

岩盤浴を利用すればたくさん汗をかけるのでスッキリできますし、ダイエットや美肌効果も期待できるのでとても人気があります。

 

そのため、妊婦中でも岩盤浴でリフレッシュしたいと思っている人はたくさんいるでしょう。ですが、妊娠中はできるだけ利用しない方がいいです。

 

お腹の中の赤ちゃんの健康を守るためにも、正しい知識を身につけないといけません。
>>続きはこちら!

 

妊娠中は抹茶やほうじ茶は飲んでも大丈夫?カフェインが含まれている飲み物は?

妊娠をしたら胎児を育てるために母胎はしっかり栄養をとって健康を保つ必要があります。

 

そのために普段よりも栄養バランスを考えて、十分な栄養を摂取することが大事です。

 

栄養は食事でとることが基本ですが、不足するものはサプリメントで適宜、補うことができます。栄養失調になってしまうと、胎児の生育に影響が出てしまったり、母胎への負担が大きくなって体調を崩してしまうことが考えられるからです。
>>続きはこちら!

 

妊娠で何キロ太る?なぜ太るのか原因と対策方法について

まずは、妊娠中に体重が増えるのは当然の事です。
それでもよく許容範囲は、7キロ〜12キロと言われます。

 

許容範囲を超える体重増加や、急激な体重増加は妊婦自身にとってもお腹の赤ちゃんにとっても良くない事が、起こるリスクの確率があがるのです。

 

急激な体重の増加は、脂肪になってしまい、難産につながってしまうと言われています。
>>続きはこちら!

 

妊婦検診の尿検査で尿に糖が出た。もしかして妊娠糖尿病?妊娠中に尿糖になる原因と対策方法

妊娠すると尿検査を受けますが、これによって肝臓機能の状態を知ることができます。尿糖が含まれているかどうかによって、肝臓に負担がかかりすぎていないかとか、答えが何か異常が起こっていないかを調べているのです。

 

尿糖が出てしまった原因や対策について紹介していきます。
>>続きはこちら!

 

妊娠中は妊娠初期から頻尿になりやすい!残尿感が強い理由と対策について

妊娠中の頻尿に悩む女性は結構多いです。

 

排尿の回数は成人であれば一般的に1日に5回から6回くらいですが、1日に8回以上になると頻尿の疑いがあります。
>>続きはこちら!

 

妊娠中の納豆は栄養満点!積極的に食べる事で胎児も母体も健康にする効果があります

安くて栄養価が高い納豆は、妊娠中の女性にも人気があります。

 

妊娠した場合、赤ちゃんのためにも栄養バランスを考えた食事を摂ることが大事ですが、納豆には、人間が健康を維持するために必要不可欠な5大栄養素(タンパク質・脂質・炭水化物・無機質・ビタミン)がすべて含まれています。
>>続きはこちら!

 

妊娠中は刺身や寿司を食べてもいいの?妊婦さんにとって生魚がダメな理由

妊娠するとおなかの赤ちゃんのためにやらない方がよいと言われていることを数多く耳にすることでしょう。

 

その中で妊娠したら刺し身や寿司は食べない方がよいという話が挙げられます。妊娠したらおなかの中の赤ちゃんをしっかり育てていくためにも、赤ちゃんに影響を及ぼすような食べ物についてはしっかりと知っておきたいものです。
>>続きはこちら!

 

妊娠中の「鉄分」摂取は1日にどれくらい?鉄分不足にならない目安とおすすめレシピ

鉄分は赤ちゃんの成長には欠かせない栄養素で、母体から優先的に胎児に送られる栄養素でもあります。そのため、妊娠中には母体の鉄分が減ってしまうことで貧血になってしまうケースは多くあります。

 

日頃から意識して鉄分を摂取しておかなければ、妊娠をしてから大変辛い症状が出てしますことが考えられるため女性は注意が必要です。
>>続きはこちら!

 

妊娠中は蕎麦を食べてもいいの?赤ちゃんにアレルギーはでやすくなる?

蕎麦はアレルゲンとなるものですので、大人になってからでも食べられないことがあります。

 

妊娠している場合には子供に影響があるのではないかと食べるのを躊躇してしまうことがありますが、やはり食べてしまうと生まれてくる赤ちゃんが蕎麦アレルギーになりやすくなるのでしょうか。

 

詳しく調べるために、まず知っておきたいのが蕎麦に含まれる栄養素です。
>>続きはこちら!

 

妊娠中の水下痢の原因と治し方。腹痛や不正出血を伴う水下痢は注意

妊娠中は母体に様々な変化が現れますが、水下痢もその一つと言われています。

 

便秘になるということはよく聞く話ですが、つわりが終わりやっと安定期に入ったと思ったら、今度は水下痢の症状に悩まされるという人も多く見られます。

 

水下痢の場合にはおなかの赤ちゃんに影響はないかどうか非常に心配になるものです。そのため妊娠中の水下痢の原因を知り、その原因に合わせた対処が必要となります。
>>続きはこちら!

 

妊娠中にお酢はおすすめ!アップルサイダービネガーや黒酢で簡単ドリンクを飲みましょう!

最古の発酵調味料といわれるお酢は、健康に良いことで知られています。妊婦が摂取しても大丈夫です。

 

日本では昔から生食が多く、様々な和食の味付けをするためにお酢を使ってきた歴史があります。

 

酸っぱい味の理由は、クエン酸などの有機酸です。クエン酸には食べ物に含まれているエネルギーを活動するためのエネルギーに変えるときに役立ちます。糖質や糖質の代謝を促進させるビタミン1を一緒に摂ることで、疲労回復効果が期待できます。
>>続きはこちら!

 

妊娠中に空腹を感じる原因はインシュリン。空腹感をなくす対処法で吐き気・胃もたれ対策

妊娠中には強い空腹感に悩まされる人は多いことでしょう。

 

からおなかに赤ちゃんがいるから二人分食べなくてはならないといわれるくらいなので、赤ちゃんの分までも栄養をとることは重要ですが、体重が増え過ぎると様々なトラブルので、できるだけ食べすぎずに良い方法を探したいところです。
>>続きはこちら!

妊娠・妊婦さんのお役立ちブログ記事一覧

プレママたちの理想!「やりたいこと」ランキングつわりや体調不良、そして大きなお腹…妊娠中にできることは限られてしまいます。しかし、妊娠中だからこそできること、また、赤ちゃんが生まれる前じゃなきゃできないこともたくさんあるのです!!「○○○、やっておけば良かったぁ…」とならないために先輩ママたちのやってよかった・やりたかったことトップ3を見てみましょう♪3位写真の記録「妊娠」は、人生の中でも数えるほ...

page top