水道水は危険!塩素・トリハロメタンに注意!

水道水は危険!塩素・トリハロメタンに注意!

水道水の蛇口

水道水の主な水源は雨水が河川や湖に貯水されたものです。
しかし、この水源を汚染している原因の一つに、生活排水があります。

 

食器洗いや洗濯に界面活性剤入りの合成洗剤を使っているご家庭は多いと思います。
この界面活性剤入りの合成洗剤は自然界では分解しにくいため、天然素材の石鹸よりもはるかに水道水の汚染の原因になっているのです。

 

特に日本は下水道設備の普及率が他の先進国と比べて低いと言われています。
つまり、汚染された生活排水はそのまま河川や湖に垂れ流しになっていると考えられます。
汚染された水の中では、栄養過多で強い発癌性を持つラン藻類が育ってしまいますし、そのままでは有害となる有機物や化学物質も混入しています。

 

 

この汚染された原水を生活用水にするために、水道局では幾重もの浄化処理工程を敷いていますが、それでも浄化しきれないのが現状です。
そのため本来の基準よりも多い塩素ガスや次亜塩素酸を投入して微生物や雑菌の繁殖、カビの発生を抑える必要が出てきているのです。

 

水道水の有害物質【塩素】【トリハロメタン】とは?

水道水にたくさんの塩素が入っている事は、ご存知ですよね?
ポットを何年か使用していると、ポットの中に白い塊が付いた経験をした人もいるのではないでしょうか?
あの白い塊こそ、塩素なのです。
大量の塩素が混入している水道水はカルキ臭いですが、匂いだけではありません。

 

塩素は有毒であるため、微生物やカビの発生を抑えることが出来るのですが、人間の細胞にも悪影響を与えます。
特に赤ちゃんにとっては、アトピー性皮膚炎の原因になる事が指摘されています。
浄化して不純物を取り除いた水に塩素を投入する事で、大腸菌などの病原菌の繁殖を防止する事は出来ます。

 

厚生労働省が定めている水道水の基準は、各家庭の蛇口で0.1ppm以上の残留塩素がある事。
この残留塩素の基準を満たすためには、水道局から一番遠く離れた家庭を考慮しなければいけません。

 

当然ながら浄水場がある水道局に近い家庭の水道水には、基準の10倍以上の残留塩素が混入している事になります。
東京や大阪などの都市部では数十倍もの残留塩素があるとの報告もあるほどです。

 

 

塩素の有害性

塩素はトリハロメタンと言う発がん性物質の原因となりますが、有害性はこれだけではありません。

 

塩素(Cl2)は水(H2O)と反応する事で、次亜塩素酸(HClO)が発生します。
次亜塩素酸は、塩酸(HCl)と活性酸素(O)に分解されます。
この活性酸素は他の物質に対して強い酸化作用を及ぼし、殺菌あるいは漂白等の有益な作用を示すと同時に、組胞を破壌し人体に悪影響を及ぼすとの研究報告があります。

 

また、アメリカでの研究では、塩素に触れたり、吸ったりする事で、皮膚や喉の粘膜から水分を奪い、髪の毛や皮膚がかさかさしドライスキンになると報告されています。

 

さらにアトピー性皮膚炎など肌のアレルギーに悩む方には塩素は大敵と言われています。
赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の原因となるので、塩素を含んだ水道水は極力避けた方が良いでしょう。

 

それ以外にも塩素は呼吸器の粘膜を傷つける事で知られていて、喘息等の呼吸器疾患を悪化させると言われています。

 

塩素は血管障害も引き起こし、心臓病や脳卒中の原因になるとも言われていますし、アレルギー疾患そのものとの関連も報告されています。

 

塩素の悪影響をまとめると、

  • 発がん性物質のトリハロメタンになる
  • 活性酸素になり、組胞を破壌する
  • ドライスキンになる
  • アトピー性皮膚炎など肌の疾患に繋がる
  • 喘息等の呼吸器疾患を悪化させる
  • 心臓病や脳卒中など血管障害を引き起こす
  • アレルギー疾患そのものにも関連している

となっています。

 

この残留塩素の量は大人であればすぐに健康被害を出すものではありませんが、身体が小さく、内蔵も未発達は赤ちゃんにとっては負担が大きすぎるのが実態です。

 

トリハロメタンの有害性

さらに深刻な問題となっているのが、強い発癌性が指摘されているトリハロメタンの存在です。
水道水の中に含まれている有機化合物と塩素が化学反応を起こすことでトリハロメタンが出来てしまいます。
また、トリハロメタンは短時間の煮沸では除去できず、逆に短時間煮沸することでトリハロメタンを増加させてしまうのです。

 

水道水を蓋を開けた状態で20分間煮沸し続ける事で、トリハロメタンは蒸気となって水道水から抜ける事が分かっていますが、赤ちゃんの飲料水として使用するのに毎回この手間をかけることはかなり困難と言えます。

 

また、ポットやティファールなどで水道水を沸騰させてミルク作りにするのも、逆に発がん性物質であるトリハロメタンを増加させてしまうのでおすすめは出来ません。

 

浄水器を付けているご家庭も多いと思いますが、ある程度の効果は期待出来ますが、家庭用浄水器でトリハロメタンを完全に取り除くことは出来ないのも現状です。

 

 

水道水の配管が耐用年数オーバー!鉛やアスベストが混入

配管

水道水の配管は老朽化が進んでいるのをご存知でしょうか?

 

日本全国には、全長61万キロあるのですが、そのうち法定耐用年数40年を超えているので、3万8000キロあります。
日本全国では515万軒も該当しています。

 

配管の老朽化により破裂して実際に水漏れしている事が、全国でも問題になっていますが、それよりも深刻なのは配管に使用している材料。

 

今では使用禁止になっていますが、数十年前の配管には鉛配管やアスベスト配管が使用されていました。
配管の老朽化により、この鉛配管やアスベスト配管から水道水に有害物質が溶け出している事自体が健康被害の問題となっているのです。
もちろん政府も配管の取り換え工事を急ピッチで行っていますが、まだ20%は手つかずになっています。

 

アルミニウムの過剰摂取は神経系統や消化器官に影響

アルミニウムの過剰摂取は、神経系や消化器官に悪影響を与える事やアルツハイマーになる要因として注目されている成分です、
水道水の浄化などに使用されるアルミニウムが、そのまま水道水に残ってしまう可能性がある事が指摘されています。

 

このアルミニウムは、体の中に入っても大人であれば、99%体外に排出されるので心配はいりませんが、赤ちゃんなど内臓が未発達の小さなお子様は注意した方が良いです。

 

またアルミニウムは、沸騰しても完全には除去出来ないので、浄水器を取り付ける事をおすすめします。

 

ウォーターサーバーのお水は水道水よりも安全です

ウォーターサーバーと赤ちゃん

ウォーターサーバーの天然水は、日本有数の水源地から選び抜かれた水をろ過し、厳しい衛生管理のもとにボトリングされているので、塩素やトリハロメタン、鉛やアスベストなどの有害物質混入の心配がなく、新鮮で衛生的です。

 

さらに最近では水をフレッシュな状態に保つために、サーバー自体に水を衛生的かつ安全に保存する機能が備えているものも増えてきました。

 

RO水も元は水道水を使用しているメーカーもありますが、家庭用の浄水器では除去しきれない不純物や塩素、放射線物質を取り除けるRO膜を使用しているので、かなり安全と言えます。

 

今妊娠をしていたり、育児をされているなら水道の蛇口に浄水器は必ずつけましょう。
全ての生活用水をウォーターサーバーにするのが理想的ですが、費用もかさんでしまうので、現実的ではないです。

 

沐浴させるお湯などは浄水器を通したものをご使用して下さい。

 

妊婦さんや母乳で育てているお母さん、ミルクや離乳食など、赤ちゃんが直接体内に取り込むお水はウォーターサーバーにする事をおすすめします。

 

>>赤ちゃんのウォーターサーバー.com

page top