ウォーターサーバーの厳しい検査について

ウォーターサーバーの厳しい検査について

プレミアムウォーターマムクラブの放射能検査

赤ちゃんが飲むミルクを作るときは安全な水にこだわりたいでしょう。
ペットボトル入りの水を毎回何本も購入しなければならないことに不便さを感じている方は、ウォーターサーバーを利用すると便利です。

 

ウォーターサーバーを設置すれば水が入ったボトルは自宅まで届けてくれるので、自分で買いに行く必要がなくなります。使い終わったボトルは回収に来たりゴミとして処分することもできるので、これまで不便に感じていたことが全て解消できるでしょう。

 

大切な赤ちゃんに飲ませる水ですから、本当に安全かどうかを確認したいという方は多いはずです。水
の安全性を自分で調べることはできませんが、厳しい検査を受けているので心配することはありません。

 

ウォーターサーバーの検査と認可

ウォーターサーバーを扱っているメーカーでは独自に検査を実施しており、ホームページで結果を公表しています。

 

検査の内容はそれぞれのメーカーごとで異なりますが、専門の機関に依頼して放射性物質の検査を実施しているメーカーが多いです。

 

ボトルに入った水にはいくつかの種類があり採水地ごとに分かれています。
種類ごとに放射性物質の厳しい検査を受けていますが、もちろんどの天然水も放射能検査を実施していて、放射性物質が検出されていないので安心して注文することができます。

 

水質の認可は各都道府県知事により受けています。

 

例えばプレミアムウォーターマムクラブの場合は、採水地:富士吉田の天然水において、山梨県ミネラルウォーター製造管理指導要綱の基準に従い、品質管理体制基準を設けており、「山梨県知事」より認可を受けています。

 

また、特別厳しい検査を実施している事で有名なプレミアムウォーター(プレミアムウォーターマムクラブ)の場合は、上記以外にも水質検査を1時間おきに1回実施しており、安定した非加熱の天然水を配送しています。

 

ボトルに入った水が安全であることが確認できたら、ウォーターサーバーの安全性に関する知識も深めておきましょう。
ウォーターサーバーは一度設置すると本体を交換することがないため、定期的に掃除をして清潔な状態を保たなくてはなりません。

 

表面的なセルフメンテナンスは自分で行うこともできますが、内部のメンテナンスはメーカーに任せるか、自動クリーンシステムが搭載されているウォーターサーバーを選ぶと安心です。
メーカーのメンテナンスでは部品を交換することもあり、有料になるケースと無料で受けられるケースに分かれます。

 

赤ちゃんのウォーターサーバーを選ぶ際は毎月のレンタル料だけでなく、メンテナンスにかかる料金も比較してから選ぶことをおすすめします。また故障の際の料金についても事前の確認が必要です。

page top