ミネラルウォーターとは|ミネラルウォーターの基準と種類について

ミネラルウォーターとは|ミネラルウォーターの基準と種類について

ミネラルウォーター

健康や美容のために、日頃からせっせとミネラルウォーターを飲んでいるという人は少なくありません。では、ミネラルウォーターとはいったいどのような水なのでしょうか。明確に定められている定義からすれば、ナチュラルミネラルウォーターと呼ばれる水に殺菌処理を施し、成分調整を施したウォーターと言うことができるでしょう。

 

ミネラルウォーターは硬水と軟水に分けられる

一般には、硬水と軟水という二つの種類に大きく分けられています。硬水であるか軟水であるかを分ける基準となるのは、水の硬度です。

 

この違いは水の中に含まれているマグネシウムとカルシウムの量によって分けられています。

 

水1000mlの中に溶けているマグネシウムとカルシウムの量をあわらした数値を「硬度」といい、世界保健機構の基準としては硬度120mg/l以下を軟水、120mg/l以上を硬水といいます。
つまりカルシウムとマグネシウムが比較的多く含んでいる水が硬水です。

 

日本の水は軟水であるため、これまで軟水に慣れてきた人が硬水を飲むと苦いと感じる場合があるようです。
ミネラルウォーターを選ぶときに気になるのが、硬水か軟水かの違いだと思います。

 

日本の水は沖縄などの一部の地域の水を除けばほとんどの場合硬度は100mg/l未満の軟水です。対してヨーロッパの水は硬度が高い傾向にあります。

 

軟水の特徴

軟水の特徴としては、緑茶などを入れると色や風味が出やすく、マグネシウムやカルシウムが少ない分だけ旨味成分を引き出しやすく、日本料理に適しています。
石鹸や洗剤も泡立ち易いという特徴があります。

 

軟水のメリットしては、料理以外にもマグネシウムなどが少ないため胃腸に大きな負担がかかることがないため赤ちゃんや子供にも安心して飲ませられます。
髪や肌に優しいため洗っても問題がないとされています。
しかし、ミネラル分が少ないためミネラル補給をすることはできない水です。

 

このように、日本人は軟水に慣れているという理由もあって、飲みやすいミネラルウォーターと言えば、軟水を挙げる人が多いでしょう。
実際、軟水はカルシウムやマグネシウムの含有量が比較的少ないために、まろやかでさっぱりしていることに加えて、刺激が少ないため、赤ちゃんや小さな子供、お年寄りの方まで幅広い年齢の方方々が安心して飲めるというメリットがあります。

 

特に、煮物などの料理をする時にも、素材の味を引き出しやすい水であるため、美味しく料理できると言われています。

 

硬水の特徴

それに対して、硬水の場合はカルシウムやマグネシウムが比較的多く含まれています。
硬水は喉越しが硬いですが、しっかりした飲みごたえを感じることができる水です。
緑茶などを入れる場合には色や風味が出にくく、肉を煮るときなどはアクが出やすいですが、旨味成分が出にくいため日本料理にはあまり適していない水です。また、石鹸や洗剤が泡立ちにくいです。

 

硬水はマグネシウムが多いため消化系に影響を与えて便通を良くする効果を期待することができます。料理では肉の臭みなどを消しやすく、マグネシウムやカルシウムは血液をサラサラにするため動脈硬化を予防して心筋梗塞や脳梗塞のリスクを低下させることができると考えられています。

 

デメリットとしては、腎臓機能に問題がある場合はカルシウムがろ過しきれないと結石のリスクが高まったり、お腹がゆるくなったりすることがあります。

 

そのため、素材の味を引き出したい煮物を作る際にはあまり適していないかもしれません。しかし、栄養価が高いのは硬水のほうでしょう。

 

スポーツなどで失われたミネラルを補給したい時、またダイエットに伴う食事制限などで不足しがちなミネラルを補いたい時などには硬水を選ぶことができるでしょう。

 

ミネラルウォーターは用途によって使い分ける

このように、基準値となる硬度の違いによって硬水か軟水かに分類されるため、自分の目的や体質に合わせて選ぶことができます。
例えば、飲みやすさやおいしさ、また料理に使うような場合は軟水を使い、健康や美容、ダイエットのためには硬水を使うといった具合です。
さらに、ミネラルウォーターとして知られる水は、硬水と軟水に分類された後、幾つもの種類に分けることができると言われています。

 

例えば、地層から汲み上げられた水に、人工的に殺菌処理や浄水処理を加えたり、ミネラル分の調整を行なったりしたウォーターサーバーがあります。
その際の加工方法にも幾つかあり、複数のミネラルを調合するものや、オゾン殺菌を施したものなどが代表的です。

 

また地下から汲み上げた地下水以外にも、河川などから採取したものがあります。
きちんとした殺菌処理が施され、成分調整が行なわれているため、安心して飲むことができます。

 

ナチュラルミネラルウォーターとは

プレミアムウォーターの採水地

これらに加えて、ナチュラルミネラルウォーターと呼ばれるものがあります。
これは、その呼び名が示している通り、全く自然のものです。

 

殺菌処理もなく、その他の人工的な加工の過程を経ることのない水のことです。それらの中でも、その水に含まれている成分が、科学的にも医学的にもきちんと立証されているものである必要があります。

 

ウォーターサーバーの中では、フレシャスとプレミアムベビークラブ(プレミアムウォーター)がこのナチュラルミネラルウォーターを使用しています。
一般的なウォーターサーバーでは、加熱殺菌をしているのですが、ナチュラルミネラルウォーターは非加熱処理になっています。
ミネラルの成分を壊す事がなく、溶存酸素が豊富なため、天然水の中でも味は良いとされています。

 

赤ちゃんのミルクに使用するのに、コスモウォーターのように加熱処理をしているウォーターサーバーが良いか、フレシャスのように非加熱処理のウォーターサーバーが良いかは、意見が分かれるところです。

 

基本的に非加熱処理でも、検査基準をクリアしているので全く問題はないのですが、「加熱処理している方が安心できる」と言う方は、コスモウォーターなどを選ぶと良いでしょう。

 

また、赤ちゃんのウォーターサーバーを選ぶときには採水をする際に空気に触れていないこと、さらに品質がしっかりしており安定していること、独自の厳しい検査基準を設けている事といった幾つかの基準にかなっている必要があるとされています。

page top