RO水と天然水の違い|どちらが赤ちゃんには安全?

RO水と天然水の違い|赤ちゃんにおすすめなのは?

水

ウォーターサーバーのお水には大きく2種類あります。

  • RO水
  • 天然水

です。
天然水は何となくイメージが沸くかと思いますが、RO水と言う言葉を始めて聞くパパさん、ママさんも多いんじゃないでしょうか?
この2つの水の違いと、赤ちゃんにはどちらがおすすめかをご説明致します。

 

RO水とは

RO膜を使ったろ過システム

RO水は、採取した水をRO膜処理を施した水になります。RO膜とは逆浸透膜ともいい超微細孔のフィルターです。このフィルターを通して不純物を取り除いた水で、限りなく純粋に近い状態です。

 

RO膜を通れる大きさは0.0001ミクロンと非常に細かいため、RO水は基本的にはきれいなお水なんです。

 

浄水場で消毒・殺菌に用いる塩素が化合して生成されるトリハロメタンや、福島原発の放射性物質もRO膜のフィルターで取り除く事が出来ます。

 

海外では海水や排水を、RO膜を通して飲料水を作るのにも使用されている程優れています。
但しRO水は不純物などの他にもミネラルもほとんど取り除いてしまうため、硬水でも超軟水にしてしまうため、RO水自体は美味しいお水とは言えません。

 

そのため本来のRO水は、いわゆる純粋に近い無味無臭です。
日本のウォーターサーバーメーカーではRO水にする元の水は水道水を使用しているところが多く、天然水と比べると安く購入できます。

 

また多くのRO水を提供しているウォーターサーバー会社は、RO水を製造後にミネラル成分のMgやCaなどを人工的に添加する事で、味のある軟水にしています。
ミネラルを添加する事でRO水の味を日本人好みに出来るのも特徴です。

 

RO水を使用しているウォーターサーバー会社としては、クリクラママベビアクアがあります。

 

RO水の特徴としては、コストが安く抑えられるという事です。
元の水は基本的に水道水を使用しているので、天然水と違い、採水する手間などが一切かからないので、安く供給する事が出来るのです。

 

天然水とは

富士山の天然水

農林水産省のガイドラインによると、天然水(ナチュラルウォーター)はろ過、沈殿・加熱殺菌以外の物理的・化学的処理を行っていない、特定水源より採水された地下水です。

 

また、無機塩添加などの調整を行っていない水なので、天然のミネラル成分がそのまま味わえ、天然水特有の甘みがあるのが特徴です。

 

海外(特にヨーロッパ)では硬水が多いですが、日本の天然水は基本的に軟水になっています。

 

よく粉ミルクの注意事項に「ミネラルウォーターは使用しないで下さい」と記載していますが、このミネラルウォーターとは硬水を意味しており、日本の天然水である軟水はミルク作りに適しています。

 

ウォーターサーバーに使用される天然水には「非加熱処理の天然水」と「加熱処理の天然水」の2種類あります。

 

非加熱処理の天然水の特徴

一般的に加熱処理をすると安全性は高まりますが、水に含まれているミネラルの一部が壊れると言われています。
加熱処理の必要ない天然水を汲み上げているということで、原水の時点で国が定めている基準値をクリアしているものになります。
非加熱処理の天然水の特徴としては、加熱していないため美味しさと栄養分が損なわれていないということです。栄養分や美味しさなどを余すことなく摂取できる加工法といえます。

 

非加熱処理の天然水の方がミネラル本来の風味を味わう事が出来るため、美味しくなっています。
ただし、その分オゾン殺菌や紫外線殺菌などがなされている分コストが高くなり、水の値段も高くなるという傾向があります。
プレミアムウォーターマムクラブフレシャスは非加熱の天然水を提供しています。

 

加熱処理の天然水

天然水で多いのが加熱処理の天然水です。日本の食品衛生ほうでは85度で30分以上加熱するか、同等以上の熱量を加えるという定めに従って殺菌した水です。

 

日本のウォーターサーバーではこの方法を多く採用されています。安全性が高い方法ですが、非加熱処理のものと比べて微量ですが、酸素や炭酸ガス、ミネラルなどが減少して変質する可能性があります。

 

しかし、近年では技術が高度化されているため高音瞬間殺菌していることから水の中の成分はさほど減少することはないと考えられています。
クリクラミオコスモウォーターが加熱処理した天然水を使用しています。

 

赤ちゃんにおすすめなのはRO水か天然水か

RO水が絶対に安全という事は難しいと思います。
と言うのも、RO水はRO膜で除去しきれない物質が元の水道水に入っている可能性は否定できないからです。

 

実際にRO膜を使用している浄水器メーカーの中にはは、逆浸透膜(RO膜)でも除去できない物質があると明記しているメーカーもあります。
また、人工的に添加されたミネラルは赤ちゃんにとって消化しにくいと言うデメリットがあります。

 

一方の天然水も、ろ過、沈殿・加熱によって殺菌をしていますし、元々きれいで安全なお水ですが、全ての有害物質の検査をしているわけではないので100%安全とは断定出来ません。

 

一口に「天然水」と言っても、採水する場所が有害物質から隔離されているのかが大きなポイントになってきます。
天然水であれば、一般的には富士山から採水しているメーカーが多いのですが、ウォーターサーバーのホームページを見ていると、採水場所がメーカーによって大きく違っています。

 

富士山の天然水で一番標高が高いところから採水しているのは、キララウォーターサーバーです。
その分コストが割高にはなっていますが、赤ちゃんも安心して飲めるメーカーと言えます。

 

また、農林水産省・厚生労働省が設けているガイドライン以外の検査をしているウォーターサーバー会社も数多くあります

 

私がおすすめしているウォーターサーバーの水は、天然水で農林水産省・厚生労働省が設けているガイドライン以外の検査を積極的に実施しているメーカーの水です。

 

具体的には、コスモウォーターやプレミアムウォーターマムクラブです。

 

特にコスモウォーターでは、独自の検査を120項目以上実施しているので、安全性はかなり評価出来ます。
加熱処理をしているため、非加熱処理のプレミアムウォーターマムクラブやフレシャスに比べると味は若干劣ると思いますが、安全性は高いと判断しています。

 

赤ちゃんのミルクなど飲料水に使用するのであれば、コストパフォーマンスが高く安全なコスモウォーターが一番のおすすめになります。

 

安全な天然水で赤ちゃんのミルク作りに最適です!
http://www.cosmo-water.com/(コスモウォーターホームページ)

page top