地震など災害時の備蓄水にも使えるウォーターサーバー

地震など災害時の備蓄水にも使える!ウォーターサーバーのおすすめ

地震で水害が発生している

ウォーターサーバーは地震など災害時の備蓄水にも使えるなど、普段便利なことはもちろん、いざという時にも便利に使うことができます。
通常であれば、災害時用に備蓄水をペットボトルで保管する事になりますが、災害時用のお水は使用期限が長くなっている分割高になっています。

 

とは言え、毎回短い賞味期限のペットボトルを何本も買いそろえておくというのは、非常に手間がかかってしまいます。

 

ウォーターサーバーであれば、日常的にボトルを使用しているので、わざわざ災害時用に買いそろえる必要はありません。
また、いざという時に備えるには、家族の人数にあわせた量の水を確保しておくことが大切です。

 

人間が一日に必要な水

人間に必要な水の量は、1日あたり3リットルと言われています。目安としては1日あたり3リットルを人数分、3日分を用意しておくとよいです。ペットボトルで用意すると場所をとりますが、ウォーターサーバー用の水ならコンパクトですから、置き場所に困りません。

 

自宅に備蓄水を用意しておけば、断水や水道管の破裂などで水道が使えなくなったときやスーパーやコンビニでペットボトルの水が手に入らないときにも便利です。

 

ウォーターサーバーの場合、使いながら常に新しい水を備蓄できますから、災害時に賞味期限が切れていた、などといった失敗も避けることができます。

 

災害時の備蓄にウォーターサーバーは便利

コスモウォーターと赤ちゃん

災害時の備蓄にウォーターサーバーを使いたいと思ったら、停電時でもいつも通り水を出せるタイプのものを選ぶとよいです。
水そのものの備蓄はできても、ボトルから直接水を使おうと思うと大変です。
いつも通り水を出すことができれば、非常時でも便利に使うことができます。

 

ポンプ式のウォーターサーバーは電気で動いているため、冷水や温水の機能に関しては停電時には使うことができません。
常温の水が出るだけとなりますが、それでもボトルから直接よりは使い勝手がよくて便利です。

 

ウォーターサーバーによって水が出せるタイプとできないタイプに分かれます。
コスモウォータープレミアムウォーターマムクラブなど、水のボトルを下に設置してポンプでくみ上げるようなタイプは、停電すると常温の給水もできなくなる可能性が高いですから注意が必要です。

 

その場合は、ボトルを外して備蓄水として使用しましょう。
一方、クリクラミオベビアクアフレシャスデュオなどはボトルが上についているので重力で水を出すことが出来ます。

 

地震発生時のサーバー転倒を防ぐ

地震が発生すると大きな揺れが襲ってきます。
家具やテレビなども落ちてしまい、家の中がぐちゃぐちゃになる事もあります。
当然ウォーターサーバーも揺れによって、倒れる危険性があるので、地震対策をしておくことが大切です。
具体的には、サーバー本体の背面に転倒防止ワイヤーが付いていますので、それを壁に取り付けるようにしておきます。

 

また、備蓄水として使い勝手が悪いポンプ式のウォーターサーバーの方が、揺れに対しては強いと言えます。
12kgのボトルが下に入っているので、どっしりと安定しているので、安心感があります。
特に小さな赤ちゃんがいるご家庭では、お子様が下敷きになるリスクを軽減するためには、下置きボトルの方が良いでしょう。

 

停電時は常温のみ使用可能

停電をしているときに利用できるのは常温の水のみとなりますので、温水と冷水に関しては停電が終わるまでは利用することができません。
停電時でも太陽光発電などにより電気を使うことができる場合には別ですが、消費電力や優先順位の問題がありますので、その辺は事前に検討しておくとよいです。

 

停電中に注意が必要なのは、温水と冷水が使えないということだけではありません。
水の鮮度にも注意しなければいけません。
ウォーターサーバーの水は二週間程度、セットした状態で使うことができますが、停電時は別です。

 

停電のときには水のタンク内についても常温で管理されることになります。傷みやすい状態で管理することになりますので、停電のときには早めに使い切るということが必要になります。
あまり長持ちはしませんから、できれば一日から二日程度を目安に使い切るようにしましょう。

 

停電が回復するまでの時間も考慮に入れて電源を元に戻すことが必要です。
数時間程度の停電であれば、そのまますぐに使っても問題はありません。
しかし、停電が数日続いてしまったりなど期間がある程度経過してしまった場合には、注意が必要です。そのままコンセントを戻して大丈夫かどうか、業者に問い合わせてから安全に利用しましょう。

 

停電の時はコンセントを抜きましょう

停電の際には、コンセントを抜いておくほうが安全です。
計画停電のように事前に停電することが分かっている場合には、事前にコンセントを抜いておきましょう。
そのままにしておくと電力が回復したときにトラブルが起きるのを防ぐためです。

 

そのままにしておいて大きなトラブルを招いたり、ほかの家電に影響が出たりすると困ります。
停電中はコンセントを抜いておくことと、電力が回復したら少し時間をおいて状況を確認後、コンセントを戻すようにしましょう。
また、ウォーターサーバーを本格的に利用する前には、冷水や温水の機能を回復しているかなどを確認してから使うようにしましょう。

 

赤ちゃんがいるご家庭はミルク作りに便利ですが、注意も

赤ちゃん

ウォーターサーバーを災害時の対策に使いたいという方は、赤ちゃんがいるという場合も多いです。
赤ちゃんのミルク作りなどに利用するのであれば、災害時でも衛生面のことなど気になることが多くなります。
電気が回復して温水や冷水を使えるようになったとしても、内部がキチンとクリーンに保たれているかどうかが気になります。

 

新しくおろした水ボトルなら鮮度は保たれますが、停電中に使った水ボトルや内部に残っている水の状態がどうなっているのかについては分かりません。停電がどの程度続いたのか、など条件によっても対応が異なります。
短時間の停電ならよいですが、大きな災害などの緊急時には、電気が回復しても業者との連絡が取りにくいことも考えられます。そのため、事前にどうすればよいのかを確認しておくと安心です

 

災害から復旧したら、業者に確認を

ウォーターサーバーは便利ですから、電気が回復したらすぐに使いたくなります。
しかし、停電の時間が長くなれば、思わぬトラブルが起きてしまうことも考えられます。
非常時への備えと、非常時の使い方、それに加えて、復旧したときの対応についても事前に確認しておきましょう。

 

ウォーターサーバー各社の電話番号

コスモウォーター:0120-1132-99
フレシャス:0120-800-026
プレミアムウォーターマムクラブ:0120-937-032
キララウォーターサーバー:0120-032-321
ベビアクア:0120-331-626
クリクラママ:担当エリアによって異なります
クリクラミオ:0120-310-062

 

電気さえ復旧すれば問題なく通常通りに使うことができるのか、それとも非常時に使った水はいったん捨てたほうがよいのか、素人では判断が難しい部分があります。
事前に確認しておいて、スムーズに日常に戻れるようにしておくとよいです。

 

災害時におすすめのウォーターサーバー

万が一の災害時に備えるためのウォーターサーバーとしておすすめのポイントは、家族構成によって異なってきます。
まず、赤ちゃんがいるご家庭では、サーバーが転倒して下敷きにならないためにも、安定感のある下置きボトルのウォーターサーバーがおすすめです。

 

特に赤ちゃんがいるご家庭で人気の下置きボトルのウォーターサーバーとしては、コスモウォータープレミアムウォーターマムクラブフレシャススラットがあります。

 

下置きボトルで赤ちゃんも安心のウォーターサーバーです!
http://www.cosmo-water.com/(コスモウォーターホームページ)

 

一方、お年寄りがいるご家庭では水がストップしてしまった時に、重いボトルを傾けながら水を飲むことは負担になってきます。
そのため、上にボトルが置いてあり、電気がストップしても自重でお水が出るタイプが便利と言えます。

 

上置きボトルで人気なのは、フレシャスデュオベビアクアクリクラママなどがあります。

page top