ウォーターサーバーのセルフメンテナンス方法

ウォーターサーバーのセルフメンテナンス方法

ウォーターサーバーは、いつでもすぐにおいしいお水を飲むことが出来るとても便利な物です。
水道水とは違った新鮮な天然水を、気軽に飲むことが出来ると言うメリットがあります。

 

ウォーターサーバーの水はそのまま、あるいは料理・赤ちゃんのミルクなど様々な用途に使うことが出来ますが、その分衛生面には十分に気を遣わなければなりません。

 

そのためには、メーカーでの定期メンテナンスの他に、自分で行うセルフメンテナンスが大切になります。
メーカーでなければ出来ないような細かい部分や手入れの難しい部分と言った専門的なメンテナンスはメーカーに任せ、自分でも出来るような日常的な手入れを自分で行い、清潔さを保つ必要があります。

 

特に毎日のように手が触れる蛇口付近は細菌や汚れが付きやすく、それが水に混入してしまうと言うことも考えられるので注意が必要です。

 

まず、ウォーターサーバーの中で最も手やコップなどが触れる部分に蛇口が挙げられます。
蛇口は水を直接供給する部分でもあるので、毎日の習慣としてアルコール消毒をおすすめします。

 

さらにハンドル部分も同様に消毒をし、清潔にします。
そして蛇口の下方にある水の受け皿ですが、直接手やコップが触れる場所ではないもののやはり汚れや細菌が発生しやすい部分です。

 

受け皿は蛇口から落ちたしずくが溜まるので、それを放置しておくことでぬめりが発生しやすくなります。
ぬめりには赤カビが潜伏していることもあり、とても不衛生です。

 

そこで受け皿を取り外して台所用洗剤でぬめりを落とし、良く乾燥させてから取り付けるようにすると良いです。またウォーターサーバーの本体はほこりをかぶりやすく、特に背面には溜まりやすくなります。

 

そこで週に1度くらいは濡らした布巾で拭くようにし、その時に電源プラグのほこりもチェックするようにすると安心です。このようにこまめに手入れをすることで、ウォーターサーバーも長持ちするようになります。

page top