ウォーターサーバー雑菌対策が大切です。知らない間に細菌が繁殖!

ウォーターサーバー各社の雑菌・細菌対策を徹底比較!

寝ている赤ちゃん

赤ちゃんのウォーターサーバーを選ぶときは、雑菌の繁殖をどこまで抑えられるかがポイントになります。

 

内臓が未熟で抵抗力も低い赤ちゃんにとって、雑菌の入った汚く不衛生なお水で作ったミルクや離乳食を口にすると、体調を崩す原因になるからです。

 

ボトルを開封する前の状態はどこのメーカーも厳しい検査基準をクリアしているので、無菌状態になっていて大きな差はありません。
賞味期限は各メーカー共6か月となっています。

 

問題はボトル開封後にお水の中で繁殖してしまう雑菌!

 

外気にはウィルスや風邪、カビ菌などの雑菌や細菌が含まれているので、水の中に混入すると雑菌が繁殖してしまう原因になり、不衛生な水を赤ちゃんが飲む事になってしまいます。

 

また、温水や冷水の状態では雑菌は繁殖しにくいですが、常温だと繁殖しやすいのも特徴です。

 

雑菌の繁殖場所は、

  • ボトル内部
  • サーバー内部

2つあります。

 

ボトル内部の雑菌対策について

コスモウォーターのワンウェイボトル

 

ボトルの種類は大きく分けて

  • ガロンタイプク
  • ラッシュボトルタイプ
  • フィルムタイプ

の3種類があります。

 

ガロンタイプの特徴

ガロンタイプのボトル

従来のウォーターサーバーで使用されてきたボトルのタイプで、ボトル自体がしっかりしていて潰れないタイプです。
ボトルを回収して再利用する事から、リターナブルタイプとも言います。
クリクラ(クリクラママ)やアクアクララ(ベビアクア)などが採用していて、専任のスタッフが配送と回収を行います。

 

クラッシュボトルタイプの特徴

コスモウォーターのクラッシュボトル

ボトル内部の水が減るにつれてボトル自体が潰れていくので、雑菌が混入するリスクが軽減されています。
使用後はリサイクル資源ごみとして家庭で廃棄します。回収する必要がない事からワンウェイタイプとも言います。
コスモウォーターやフレシャススラット、プレミアムウォーター(プレミアムウォーターマムクラブ)が採用していて、回収不要のため潰れたボトルをそのまま捨てる事が出来ます。

 

フィルムタイプ

ウォーターパック

何層にもなっている特殊なフィルムで出来ているワンウェイタイプのウォーターパックです。
外気に触れる事がほとんどないので雑菌対策としては非常に優れていますが、小型のウォーターサーバーでしか使用出来ないというデメリットもあります。
フレシャスデュオ、フレシャスデュオミニ、キララウォーターサーバーが採用していて、折りたたんで捨てる事が出来るので、ゴミの量としても一番小さくて済みます。

 

雑菌の心配が少ないボトルタイプは?

雑菌の繁殖が少ないのは、もちろんワンウェイタイプのボトルです。
雑菌が繁殖しにくい順番は、フィルムタイプ<クラッシュボトルタイプ<ガロンタイプです。

 

リターナブルタイプ(ガロンタイプ)では、減った水の分だけ雑菌だらけの外気がボトル内部に混入するため、ボトル内部に菌が繁殖する可能性が高くなります。

 

クリクラはガロンタイプですが、外気を吸い込む時に高性能なエアーフィルターを通すことでボトル内部の雑菌の繁殖を抑えているようですが、アクアクララではその対策がされていないようです。

 

ワンウェイタイプでは減った水のぶんだけ容器が縮み外気に触れないように出来ているので、衛生的です。

 

雑菌の心配がないウォーターサーバーを選ぶときには、クラッシュボトルタイプかフィルムタイプを選ぶのが良いでしょう。

 

サーバー内部の雑菌対策について

ボトル内のお水がどんなに綺麗でも、サーバー内で菌が繁殖しやすいと効果は半減してしまいます。

 

サーバー内部には温水タンクと冷水タンクがあり、ボトル・タンク・注ぎ口までは配管で繋がっています。
温水は約90度、冷水は約5度に保たれていて、常温に比べると雑菌は繁殖しにくいと考えられます。

 

一方、配管を流れているお水は常温なので、配管内部は特に雑菌が繁殖しやすい場所になっています。

 

サーバー内部の雑菌対策をする方法で現在取られているものとしては、

  • サーバー内部に混入する外気をエアーフィルターで除菌
  • 配管内部に温水を流すことで除菌

の2点です。

 

サーバー内部に混入する外気をエアーフィルターで除菌

タンク内に取り込む僅かな外気に対しても特殊フィルターを通す事で、クリーンにする機能です。
コスモウォーターで取り入れられていて、「クリーンエア」と呼ばれている特許技術になります。

 

配管内部に温水を流すことで除菌

温水タンクの中は高温のお湯が入っているので雑菌の心配はありませんが、冷水タンクの中や通り道である配管の中に温水を通す事で除菌する機能です。
メーカーによって呼び名が異なりますが、

  • コスモウォーターでは、「クリーンサイクル」
  • フレシャスでは「フレッシュ機能」
  • プレミアムウォーターマムクラブでは「加熱クリーンシステム」
  • キララウォーターサーバーでは「オートクリーンシステム」

と呼んでいます。

 

 

赤ちゃんにおすすめのサーバーは?

自動クリーニング機能

残念ながらウォーターサーバーの2割程度は雑菌対策が不十分な状態です。

 

大人であれば多少の雑菌が混入していても、体調を崩す事は滅多にないですが、乳幼児など赤ちゃんの身体は雑菌に対する抵抗力が低いので、必ず衛生的なウォーターサーバーを選ぶようにして下さい。

 

ウォーターサーバー各社が行っている雑菌防止の内容をご紹介します。

 

コスモウォーターの雑菌対策

コスモウォーターの自動クリーニング機能

コスモウォーターには、「Smartプラス」と言うサーバーがあります。

 

「Smartプラス」には

  • ワンウェイボトル
  • 自然と圧縮するクラッシュボトルで外気の混入を防ぐ
  • サーバー内に混入する空気は、クリーンエアシステムという機能で雑菌をシャットアウト
  • 48時間ごとに熱水を自動循環させ、サーバー内をクリーンな状態に保つクリーンサイクル

と4つの雑菌を防止する機能が備わっています。

 

雑菌対策に「これでもか!」と言うくらい徹底されたサーバーで赤ちゃんに1番のおすすめウォーターサーバーです。

 

しかも48時間おきに自動でしてくれるのでかなり便利です。

 

日常のメンテナンスとして、お湯やお水の注ぎ口部分は時々拭いて清潔にする必要がありますが、コンパクトでありながら、衛生的な環境を保つように出来ています。

 

数あるウォーターサーバーの中で初めて、タンクや配管内に温水を循環させて殺菌を行う機能を取り付けたのが、コスモウォーターです。
そう言った意味でも、安心できるメーカーです。

 

初めて本格的な雑菌対策をウォーターサーバーメーカーです!
http://www.cosmo-water.com/(コスモウォーターホームページ)

 

フレシャスの雑菌対策

フレシャスのフレッシュ機能

フレシャスには、

  • ワンウェイ方式
  • 無菌エアレスウォーターパック
  • セルフクリーン機能

と3つのが雑菌対策が使用されています。

 

フレシャススラットやフレシャスデュオなどサーバーレンタル料が必要なウォーターサーバーだけでなく、スタンダードのSIPHONにも搭載されているので、卓上型ウォーターサーバーを選ぶのであれば、フレシャスはおすすめです。

 

ウォーターパックは伸縮性に優れているので、外気の混入による雑菌の心配はほとんどないと考えて良いでしょう。

 

無菌エアレスパックで雑菌対策が万全のウォーターサーバーです!
>>http://www.frecious.jp/(フレシャスホームページ)

 

プレミアムウォーターマムクラブ

プレミアムウォーターマムクラブの加熱クリーンシステム

プレミアムウォーターマムクラブには、

  • ワンウェイボトル
  • クラッシュボトル
  • 加熱クリーンシステム

が搭載されています。

 

基本的な雑菌対策の内容は、コスモウォーターと同等レベルか若干劣ると言えます。

 

プレミアムウォーターのスタンダードモデルには、加熱クリーンシステムが付いていませんが、妊婦さん・赤ちゃん向けの「プレミアムウォーターマムクラブ」にはしっかりと雑菌が繁殖しないサーバーを採用されているので安心です。

 

最高の水を徹底してクリーンに保っているウォーターサーバーです!
>>https://premium-water.net/pbc(プレミアムウォーターマムクラブホームページ)

 

キララウォーターサーバーの雑菌対策

キララウォーターサーバーのオートクリーンシステム

浅田真央さんがCMに出演している事で有名になったキララウォーターサーバーの雑菌対策としては、

  • ワンウェイ方式
  • オートクリーンシステム
  • キララウォーターパック

の3つを組み合わせる事で、高い衛生状態を保持しています。
基本的な構成はフレシャスデュオと同じと考えて大丈夫です。

 

天然水で炭酸水も作れる最新のウォーターサーバーです!
>>http://www.kirala.jp/(ウォーターサーバー「キララ」ホームページ)

 

サントリー天然水ウォーターサーバー

サントリー天然水ウォーターサーバーのおいしさキーパー

サントリー天然水ウォーターサーバーでは、

  • ワンウェイ方式
  • ウォーターパックはダブルバリア構造
  • おいしさキーパーで一日一回温水を循環

によって、雑菌から水を守っています。
おいしさキーパーは、ウォーターサーバーを使用していない時間帯に殺菌をしてくれて便利です。
サーバーが大きいのが難点ですが、ミルクを作るのに最適の70度〜75度の温水を使用する事が出来るので、ミルク作りにおすすめです。

 

クリクラミオの雑菌対策

クリクラミオのHEPAフィルター

クリクラミオは、

  • HEPAフィルター
  • プロのメンテナンス

の2つが雑菌に対して有効です。

 

リターナブルボトルなので、どうしても外気は混入してしまいますが、外気を取り込む際にHEPAフィルターを通す事で微細な細菌をシャットアウトしています。
また、自動クリーニング機能は搭載してありませんが、1年に1回プロのメンテナンスが無料で受けられるのがおすすめポイントです。

 

HEPAフィルターで衛生面が徹底されている安心のウォーターサーバーです!
>>http://www.creclamio.jp/(クリクラミオホームページ)

 

アクアクララ(ベビアクア)の雑菌対策

ベビアクアの抗菌加工

ベビアクアは、

  • 抗菌加工を施したエアフィルター
  • プロのメンテナンス

が採用されています。

 

スタンダードサーバーである「アクアスリム」の雑菌対策は、基本的にクリクラと似たような内容ですが、使用されているフィルターの種類としてはクリクラの方が雑菌の繁殖をより防いでくれると考えられます。

 

但し、アクアアドバンスには蛇口部分に抗菌処理を施された抗菌素材と、冷水タンク内に強力な除菌力をもつ「UV除菌ランプ」によるクリーン性能が付いていているので、雑菌対策はしっかりとされています。

 

ある程度成長したお子さんでしたら、アクアスリムでも大丈夫かもしれませんが、新生児にはアクアアドバンスの方がおすすめです。
妊婦さん・赤ちゃんにお得すぎる特典が満載のウォーターサーバーです!
>>http://www.aquaclara.co.jp/baby/(ベビアクアホームページ)

 

クリクラ(クリクラママ)雑菌対策

クリクラの検査

クリクラでは雑菌対策として、

  • HEPAフィルターで外気に含まれている雑菌を除去
  • 年に一回、プロのメンテナンスによる点検

を行っています。
使用しているボトルはガロンタイプなのでどうしても雑菌が混入しやすい環境にありますし、自動クリーニング機能も備わっていません。
しかし、年に一回メンテナンススタッフによって分解・清掃・消耗部品の交換を行っているので、何年も汚れが蓄積される心配はありません。

 

日本中の産婦人科で愛用されているウォーターサーバーです!
http://www.crecla.jp/creclamama/(クリクラママホームページ)

 

赤ちゃんのミルクを作る時にも雑菌対策を

せっかくウォーターサーバーに雑菌対策が施されていても、ミルク作りをする時に雑菌が混入しては意味がありませんよね。
ミルクを作る時には、

  • 石鹸で手をしっかり洗う
  • 哺乳瓶や乳首を殺菌する
  • 調乳したミルクは2時間以内に飲ませて、余ったミルクは廃棄する

事が大切です。

 

良く耳にするのが、ミルクを作り置きしておいて赤ちゃんがお腹を空かせて泣いたらすぐに飲ませるという話し。
しかし、調乳したミルクは人肌になっているうえ、雑菌が好む栄養素がたくさん含まれているので、外気から混入した雑菌が大繁殖を起こすきっかけになります。

 

厚生労働省のガイドラインでは、2時間以内に赤ちゃんに飲ませる事を喚起していますが、調乳後は速やかに赤ちゃんに飲ませるようにして下さい。

 

また、ミルクを調乳する時に、使用するお湯は必ず70℃以上にしておくことが大切です。
粉ミルクは乾燥していますが、稀に病原菌が入っている事があるので、お湯で溶かしてしっかりと殺菌する事が大切ですよ。

 

ウォーターサーバーの日常のお手入れも忘れずに

自動クリーニング機能が搭載されているウォーターサーバーでは、内部の除菌を行ってくれますが、コック部分などは日常のお手入れが必要です。

 

ウォーターサーバーの日常的なお手入れ方法

  • ウォーターサーバーの外装の汚れをキレイなタオル等で拭く
  • 蛇口まわりをブラシ等できれいにする
  • 水ボトルの差込口周辺をキッチンペーパー等で拭きとる(汚れが目立つ場合は、市販のアルコールスプレーなどを使用してください)
  • ウォーターサーバー背面の清掃(ホコリ等の除去)

特に蛇口周りは雑菌がついている事があるので、丁寧に清掃をしましょう。

 

いつでも安全で衛生的な水で赤ちゃんを育てられるように、雑菌対策は万全の態勢で臨みましょう!

page top